つい、うっかり

久しぶりにミアルカへ。
ラシック5周年のフェア中で、あね様と2人で行ってきました。
ええ、買うつもりはなかったんです、目の保養のつもりだったんですけどね?
気に入ったのが2点ほどありまして。
その内1点をお買い上げ(苦笑)
だって、珍しかったんだもん!
フレンチジェットのブレスレット。
一番欲しいのとは違いますが(ジェットのモチーフのブレスレットが欲しい)
まぁ、それほど古くありませんし、値段的には普段使いかな?
あと、いくつかお気に入りの年代のものをみせていただいて。
ヴィクトリア期のアーツ・アンド・クラフツ、大好きなんです。
マルカジットのネックレスも良かったんですけどね~
それは、今回は縁がなかったということで(絶対売れるもん!)
アンティークはまさに“一期一会”なので。
出会った時、その時“買わない”のなら、二度と会えません。
似たようなものは出会えるかもしれません。
でも、その“もの”とは二度と会えない。
何回か、買えなかったものがあります。
それにアクセサリーって、見てるだけと着けてみた印象って違いますから。
どんなに気にいっても、似合わないのってあるんだ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だって、女の子だもん!

久し振りに、活力の素を仕込みにいってまいりました。
お気に入りのアンティークショップ。
ラシック5F、アーツ & アンティークス ミアルカ
昔から宝石の類いは興味あったんですが、
どうしても誕生石の一つ、ブラッドストーンが欲しくて、それを探す内にどっぷりとはまりこんでいきました。
お店の方に言わせれば、私もしっかり『コレクター』だそうです(笑)
男性のコレクターと女性のコレクターの差は自分で身につけるかつけないか、もあるそうです。
男性はガラスケースに飾って楽しみ、女性は身に飾って楽しむ。
この差が多少なりともあるそうです。
男性用のアクセサリーもあるのですから、一概に言えませんけどね?
今のように判で押したような機械の作業ではなく、
己が力と技で削っていく。
その意匠の細かさに職人の心意気を感じ、それを身につけたのがどんな貴婦人かと想像すると、心躍ります。
だって、ものすごく繊細な細工がしてあるのに、成人女性3人の小指の半分ぐらいにしか入らない指輪とか、
デコラティブなドレスの、豊かな胸元を飾っただろうなぁ、と思われるブローチとか。
あげ出したらキリがありません。
前者はね、子供のために作ったんじゃないかなぁ?と店の方と私予想。
お気に入りを見つけましたので、がんばって働かねば!
まっ、一目惚れしたらわかりませんけどね?

さて、昨日の私信の人物が報告にやってまいりました。
かーなーりー照れくさかったようです。
心配させる方が悪いのよ?消してくれって頼まれたけど、いーやー(べっ)
少しは反省なさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)